ヤエザワの思い

※修業時代の八重沢代表(1991年5月14日撮影)

​ 美しい色への探求がはじまっていた。

『デザイナーの頭の中にしかない、たった一つの色を蘇らせたい。』

 

単なるデジタルカラープリントでは実現できない、デザイナーからの、繊細で微妙なオーダーに応えるためには、染色業界伝統の微細なノウハウが必須です。私が”プリント屋”ではなく“染色家”と名乗るのには、その意味があるのです。

 

私のこだわりは、

『デザイナーの頭の中にある世界でひとつの色』を

再現することです。

例えば、〇○年仕様のフェラーリの赤、デザイナーが幼い頃大好きだったバナナの黄色。そうした、デザイナーがイメージする感性に一歩でも近づけるためには、染色の経験値が必要なんです。少し専門的な表現で、多少エラそうに聞こえるかもしれませんが、「データ成りのプリント」では、デザイナーの要望に応えられないのです。そのために、業界常識では対応できないオーダにひとつひとつ応えてきました。

Y10_edited.jpg
Y05.jpg

染色の経験値とは?

 

デザイナーの要望に応えるために、通常のデジタルプリントではやらない、作品に合った布選び、布の下処理、染料のなじみ調整、インクの調合、蒸しなどは、デジタルプリントの世界にはない、染物の世界独特のこだわりです。

私のアドヴァンテージは、こだわる姿勢。しつこい、しぶとい、あきらめない、粘り強い体質と言われますが、それは、デザイナーの満足値に一ミリでも近づけたいからです。

『日本独自の伝統である染物の技術とデジタルカラープリントの融合。』

IMG_0896.jpeg

何故、このこだわりが生まれたのか?

 

大学卒業の頃はバブル景気の真っ盛り、

街のにぎわいになじめず海外へ。

流浪の海外生活から帰国。

「伝統」や「職人」と言ったコトバに憧れて、

ふと訪れた雪深い新潟県魚沼地方にある染色工房。

多くの職人の手と時間をかけて生み出される「色鮮やかな布」に感動。

すぐに弟子入りしてはじまった色と布の奥深い世界。

狙った色が出来たときの高揚感がたまらなく好きです。

そしてお客様にご満足いただけたときの喜び。

個人様から企業、そして官公庁。

アパレル、インテリア、広告、舞台衣装など、

これまでに多くのデザイナーやアーティストの方々とオリジナリティー溢れる「布」と「布グッズ」をつくってきました。

これからもたくさんの出会いを大切に、「布」で生活を彩っていきます。

 

プリントテキスタイル、各種布製品の製作は、ぜひ一度お気軽にヤエザワへご相談ください。

 

ファッションの本場、ヨーロッパの染色工場で受けた衝撃が、染色への道を決定づけた。

イタリア視察1.jpeg
イタリア視察2.jpeg
イタリア視察3.jpeg

1994年にはイタリア北部コモ湖周辺に点在するプリント、ジャガード工場を視察。毎年ヨーロッパのテキスタイル市場をリードするテキスタイルメーカーでは、デザイン性の高さはもちろんのこと、高度なプリント技術と合理的な工場システムに衝撃を受けた。

染色クリエイター

株式会社ヤエザワ 代表取締役

八重沢 晃祥

八重沢代表のSNSです。

  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン

鮮やかな発色、吸い込まれるような深みのある色。

官能的ともいえる肌触りの布を求めて。

染色、染物の世界で修業したからこそできる技があります。

製作事例

アーティストやデザイナーの『見えない思い』と言う”熱”を、誰もが見える”形”にしたい!

それがヤエザワの存在意義です。

 

幅広く、そして深く!

単なる商品ではなく、デザイナー、アーティストとの二人三脚で、”深みのある作品”を届けたいのです。

個人のお客さまから、著名企業、そして、官公庁まで。

ジャンルも、アパレル、インテリア、広告、舞台衣装と幅広く。

広さと、そして深さ。

ヤエザワとクリエイター、デザイナー達との絆を感じてください。

《 個人様とのお取り組み 》

《 企業様とのお取り組み 》

 
 
 
 

CONTACT

製作のご依頼やご相談、ヤエザワオリジナル商品についてのお問い合せはこちらからお願い致します。

株式会社ヤエザワ

YAEZAWA CO.,LTD.

〒225-0005

横浜市青葉区荏子田1-1-5(map


TEL: 045-904-1775

FAX: 045-904-1009

※こちらのアドレスからも

お問い合わせいただけます

info@yaezawa.com

Success! Message received.